リバースSEOで検索対策

リバースSEO対策とは何か?

リバースSEO(ぎゃくエスイーオー)とは、人に見られたくないWEBサイトの検索順位を下げる対策のことです。インターネットの誹謗中傷対策の中で最も重要な施策になります。

ネット中傷対策の最重要施策

通常のSEO(検索エンジン対策)は、「人に見せたいサイトの検索順位を上げる」ことを目的としますが、リバースSEOでは、「見せたくないサイトを下げる」ことを目指します。インターネットの誹謗中傷対策において、リバースSEOは最も重要な施策の一つです。

リバースSEOと誹謗中傷対策

「企業名」「個人名」を風評被害から守る

企業や個人がインターネットで誹謗中傷を受けたとき、その対処方法としては、そのサイトを削除するのが理想です。名誉毀損や業務妨害、プライバシー侵害といった法律違反にあたるサイトは、本来であれば、弁護士に依頼するなどして、管理人に削除させるべきでしょう。しかし、実際には、削除依頼に応じないサイトが多いのが現実です。とくに、企業・団体などの法人や著名人、タレント、政治家らに対する誹謗中傷は、「言論の自由」などの理由で削除を拒否されがちです。

削除依頼を出すと、被害が拡大することも

また、一部のサイトや掲示板では、削除までのハードルが極めて高いうえ、削除依頼の内容が公開されてしまい、かえって誹謗中傷が拡散してしまうこともあります。

削除が難しいときには「リバースSEO対策」

誹謗中傷サイトが削除されないケースにおいて、次善策として、その内容を人目につかせないようにするのが、リバースSEOです。的確なリバースSEO対策を行って、ネガティブなサイトの検索順位を大幅に下げることができれば、風評被害を食い止められます。

逆SEO相談

リバースSEO対策のやり方

リバースSEOはどうやってやる?

リバースSEO対策は、ポジティブなWEBサイトをつくり、それらを検索上位に表示させることで、誹謗中傷サイトの検索順位を押し下げるという方法が基本です。それ以外の方法では、GoogleやYahoo検索でのランキングを大幅に下げることはできません。

リバースSEO対策用のWEBサイト作成

リバースSEO対策では、内容が充実しているWEBサイトを多数作ることで、誹謗中傷サイトの検索順位を後退させます。とはいえ、単に一般的なWEBサイトをつくるだけでは、リバースSEOは成功しません。リバースSEOならではの技術やテクニック、そして様々なノウハウが必須となります。このため、リバースSEO対策は、当社のような専門会社にお任せいただかないと、うまくいきません。

公式サイト(ホームページ)で1ページ目を独占

企業や団体、医療機関など法人様のリバースSEO対策は、公式サイトだけで検索結果の1ページ目を埋め尽くす方法がたいへん有力です。現に、多くの企業様がこの方法でリバースSEOを成功させています。ただ、公式サイトで検索上位を独占するには、当社のように、リバースSEOならではの特殊な技術とノウハウを持った専門会社のサポートが不可欠です。

リバースSEO対策のブログやサテライトサイト

サテライトサイト(衛星サイト)やブログを立ち上げることも、リバースSEO対策には有効な手段です。衛星サイトやブログを数十個作り、それらを日々更新することで、誹謗中傷サイトの検索順位をスピーディーに落とすことができます。

独自の技術が必要

ただ、ブログに会社名や会社概要を記載するだけでは、誹謗中傷サイトよりも順位は上にいきません。サテライトサイトやブログなどを駆使してリバースSEOを成功させるためにも、リバースSEO対策でしか使われないユニークな技術やノウハウが不可欠です。当社のようにリバースSEO特有の専門技術のある会社にご依頼いただくほうが、はるかに大きな効果を得られます。

SNSや登録サイトの活用

「Facebook」(フェイスブック)、「twitter」(ツイッター)などのソーシャルメディア(SNS)や住所登録サイト(ディレクトリサイト)なども、リバースSEO対策の手法として効果的です。ただし、単にSNSを運用するだけでは、誹謗中傷サイトを押し下げることは困難です。当社のようにリバースSEOに精通した専門家集団のサポートが必須です。

逆SEO相談

リバースSEO対策と被リンク(バックリンク)

「関連性のある良質なコンテンツ」が必須

リバースSEO対策を行う際には、順位を引き上げたいサイトに対して、外部からのリンク(被リンク)を設置する必要があります。とはいえ、無関係なサイトからリンクを貼っても、順位を上げる効果はありません。お互いに内容に関連性があり、かつ良質なコンテンツのあるサイトからリンクを貼る必要があります。

WEBドメインの良質な被リンク

当社では、リバースSEO対策に特化した高品質の被リンク(バックリンク)を数万件保有しており、効果的なリンクを設置することができます。

IPアドレスの分散

また、リバースSEO対策用に作られた各サイトは、サーバーのIPアドレスが分散されていなければなりません。リバースSEO用のリンクも、同様にIPアドレスの分散が必要です。

効果が持続するリバースSEOとは

中傷サイトの順位が下がった後は?

リバースSEO対策によって誹謗中傷サイトの検索順位がいったん下がっても、順位が再び浮上してしまっては元も子もありません。順位の再浮上を防ぐためには、長期的に耐久性・持続性のあるサイトを作っておく必要があります。

検索順位を中長期で安定させる

リバースSEO対策用サイトのクオリティーが高ければ、誹謗中傷サイトの順位は再浮上しません。しかし、リバースSEO対策の特性をふまえていない一般的なサイトだと、いったん効果を発揮しても、時間とともに効果が薄れていきます。やはり当社のような専門会社に、リバースSEO対策用のサイトの制作をご依頼いただくほうが、効果がはるかに長続きします。

逆SEO相談

リバースSEOをしながら、削除を目指す

削除までに長い日数がかかる場合には、まずリバースSEO

リバースSEO対策は、中傷サイトの削除に時間がかかりそうなときの暫定的な措置としても有効です。

法的手続きまで待てないとき

掲示板やブログなどの中には、弁護士の力を借りたとしても、削除に至るまでに日数がかかるものもあります。また、裁判で争うことになった場合には、より長い年月がかかります。このため、削除に至るまでに、風評被害が拡大し続けてしまうことになります。

まずは、リバースSEOで検索1ページ目から消す

削除要請の準備や手続きをしている間は、リバースSEO対策によって誹謗中傷サイトの順位を押し下げていくことが望ましいです。当社のリバースSEOサービスによって、誹謗中傷サイトを3、4ページ目以降に後退させ、その間に削除の手続きを進めれば、中傷によるダメージを少なく抑えることができます。

削除に成功しても、今後の予防として力を発揮できる

リバースSEO対策を行った後に誹謗中傷サイトが削除されたとしても、リバースSEOが無意味になるわけではありません。リバースSEOを通じて、自社にとってメリットの大きいサイトを検索上位に多数配置させることができれば、その後新たに誹謗中傷サイトが出現しても、それを上位に表示されるのを防ぐことができます。リバースSEOは、風評被害の予防策としても大きな意義があるのです。

会社名(法人名)のリバースSEO対策

会社名を守る

現代社会において、企業は、常にあらゆる人たちにネットで社名を検索されています。社名検索の結果において、ネガティブなサイトが1ページ目にあるのは、経営上、極めて大きな損害となります。このような社名検索の汚染被害から会社やブランドを守るためにも、リバースSEO対策はあらゆる企業様にとって必須です。

評判、口コミ、ブラック

会社名での検索とともに、会社名と「評判」や「口コミ」などを組み合わせて検索したときの検索結果もたいへん重要です。「会社名 評判」で検索したときに、上位のページに2ちゃんねるなどの誹謗中傷が表示される場合は、当社のような実力のある専門会社にリバースSEO対策をご依頼下さい。

逆SEO相談

個人名のリバースSEO対策

1億人「総リバースSEO」の時代

初めて会う人と商談するときやデートするとき、その相手の氏名(フルネーム)をネットで検索するのは、現代を生きる人であれば誰でもやっている行為でしょう。相手の名前を検索することで、過去の犯罪歴や世の中で悪評がたってないかをチェックすることができます。

就活生にとっても必須

こうした「名前検索」は、企業の採用担当者も、必ず行っていることであり、就活中の学生や転職活動をしている社会人の方にとっても極めて重要な問題です。

商談や就活時に見られては困るサイトの検索順位を後退

ネットに書かれていることは事実とは限りませんが、事実でなくても、ネットで悪いことが書かれていると、大きなマイナスになります。就活をスムーズに進めるためには、個人の方もリバースSEO対策が有効です。また、商談をする際にも、リバースSEOによって事前にネガティブ情報を後退させていくことが不可欠です。

婚活にもリバースSEOが必要

婚活中の人にとっても、リバースSEOはたいへん重要です。名前で検索したときに、ネガティブな情報や画像がネット上に残っていると、婚活やお見合いには大きなマイナスになります。

個人名のリバースSEOは割安

3万~4万円程度の費用負担で済む場合が多い

当社のリバースSEO対策サービスをご利用いただけば、誹謗中傷サイト(ネガティブサイト)の検索順位を3,4ページ目以降に落とすことができます。一般の方の個人名のリバースSEO対策は、当社の場合は、3万~4万円程度の費用負担で済む場合が多いです。

削除できないサイトは、リバースSEOで対応するしかない

ツイッターやエスシー(2ch.sc)などの対策は、リバースSEOで

世の中には、削除に応じないサイトも多数あります。例えば、ツイッター(twitter)や西村ひろゆき氏の掲示板エスシー(2ch.sc)、2ちゃんを真似した掲示板「2ch2.net」などのサイトは、削除依頼に対応しません。サーバーも海外にあるため、削除は難しい。このため、リバースSEO対策によって検索順位を下げる方法が現実的になります。

逆SEO相談